FX機能の一覧

寡婦控除で住民税を安くするには

寡婦控除って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

シングルマザー税金

 

 

 

法律上、一度結婚した後に夫と離婚又は死別し、その後「未婚」で母となった場合に税金の控除を受ける事が出来る制度。

 

 

つまり離婚や死別したシングルマザーの税金を安くしてくれる制度です。

 

※ちなみに、子供が分かれた夫との子でなくても離婚後、未婚で母になったら寡婦控除の対象になるようです。

 

 

正社員やパート、派遣など、働き方の形態に関わらず、収入があって税金を払っていれば対象になり、所得が500万円以下の場合は27万円、シングルマザーの場合は30万円近くの控除を受けることができます。

 

 

ちなみに未婚のシングルマザーは対象外となり、納得いかない点もありますが、現行の法律ではこのようになっています。

 

※但し、未婚の母でも控除を受ける事が出来る「みなし制度」を採用している地域もあり、これに関しては後程お伝えします。

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

特別寡婦控除って?

 

寡婦は夫と離婚や死別をした女性の事で、特別寡婦はそれ+で18歳以下の子供がいる場合の事を指します。そして、所得が500万円以下の場合は、「特別寡婦控除」を受ける事が出来ます。

 

 

寡婦は26万円、特別寡婦は30万円の住民税が免税されるので住民税が0円になケースもあります。ただ、子供の年齢によっても異なるので、詳しくは税務署に問い合わせてみて下さい。

 

 

また、税金の額によって「保育料」も変わってくるので寡婦控除や特別寡婦控除の対象になるママはすぐにでも手続しましょう。詳しくは自治体の保育課に問い合わせましょう。

 

 

スポンサードリンク

いつ、どこに申請すればいいの?

 

シングルマザー税金

 

 

現在、会社で働いているママは、年末調整の時までに会社で手続きしれば大丈夫です。記入の仕方が不明な場合は人事に聞いてみましょう。

 

また、年末調整に間に合わなかった場合や自営業で仕事をしている人は、2月からの確定申告の時に税務署に申請しましょう。このタイミングを逃さないように、スケジュール帳などに記入しておきましょうね!

 

 

そして、ちゃんと申請が出来ているかどうかは、年末調整が終わってからくる源泉徴収票の寡婦控除の欄で確認して下さい。控除の額としては大きく、家計や貯蓄にかなり影響してくるので
必ず手続するようにしましょう。

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加