FX機能の一覧

シングルマザーの生活の場は?

生活の場を選ぶ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

シングルマザー生活の場

 

 

 

何をおいてもまず確保しなくてはいけないのが生活の場です。

 

 

ただ、生活の場と一口に言っても色々とありますよね。以下は一例ですが、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

 

 

実家でお世話になる

 

 

【メリット】

 

自分が倒れた、子供の面倒をみてもらわなければならない等、イザという時に助かります。

 

また、家族に生活の相談等にのってもらう事ができ、サポートしてくれる人が傍にいてくれるので、気持ちの上でも楽でしょう。

 

 

【デメリット】

 

実の親や祖父母といえども意見が異なる事もあり、理解してもらえない・できない等の時は、少し面倒になる事があります。また、プライバシーに関しては確保するのがなかなか難しいかもしれません。。

 

 

 

アパートやマンションを借りる

 

 

【メリット】

 

プライパシーが確保されていて、空間もある程度自由に作れるためストレスのない生活が送れます。自分の友達や家族を気軽に呼ぶことができ、子供も友達を連れてきやすいでしょう。

 

また食事・掃除・洗濯を自分のペースで進めることができるのでとっても楽です。

 

 

【デメリット】

 

実家やゲストハウスよりも月々のお金がかかります。

 

また、イザという時の為のサポート体制を作っておくためにも、地域の人や周りのママ達と強力な関係を作っておく必要があります。

 

 

シングルマザー賃貸

 

 

 

シェアハウスに住む

 

 

【メリット】

 

経済的に助かります。

 

また、他人といえども生活を共有する「メイト(仲間)」がいるので、イザ何かがあった時に、助っ人になってくれることもあるでしょう。

 

 

【デメリット】

 

プライバシーがほぼないです。また、色々な人たちが集まっているので、生活スタイルが定まりにくい。

 

子供が寝る時間(夜中)に騒音を立てる、頻繁にパーティーをするなど、自分の生活スタイル以外の事が周りで日々繰り広げられる可能性が高いです。

 

 

 

住宅・マンションを購入する

 

 

【メリット】

 

自分の好きな立地や住居条件等を選ぶことができるので自分の生活スタイルを確立できる。

 

また、将来的に不動産(資産)にもなります。

 

 

【デメリット】

 

生活の場の選択肢の中で(一時金として)一番お金がかかり、将来的に引っ越すという選択肢がほぼなくなるので震災などの時は持ち物としての住処を失います。

 

購入した物件を売りそれを資金にして引っ越すということもできますが、昨今マンションの買い手探しはなかなか困難なようです。

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

賃貸住宅選びのコツ

 

シングルマザー賃貸

 

 

 

「アパートやマンションなんてサクッと決めればいいじゃん」なんて思われる方もいますが、シングルマザーの賃貸契約って結構大変なんですよね。^^;

 

 

私は区内に行ってない不動産屋はない!ってくらい毎日不動産まわりをしていましたし、ネットの情報もしらみつぶしの様にチェックしていました。

 

 

それでも「お一人なんですか?」「支払いは大丈夫ですか?」「お子さんは女の子ですか?男の子ですか?男の子だとだめですよ」なんて断られたこと数知れず。。

 

 

一番きつかったのは超有名不動産屋で「私と娘で住むアパートやマンションを探しているんですが」と話し始めた途端、「すみません、うちはそういうのないんで」と断られ、その方がカウンターから去ってしまったケース。差別というのか、心無いというのか。。

 

 

ショックでしたが落ち込んでばかりもいられず、とにかく探しアタックし続けました。

 

 

シングルマザー賃貸

 

 

そうすると、やっぱ世の中にはいい人はいるものです。

 

こっちからリクエストするまでもなく、

 

 

「女性だけだと危ないから2回以上にした方がいいですよ」

 

「お子さん小さいと階段だと大変ですよね?だからエレベータ付にしましょう」

 

「学校だけでなく、駅や病院、スーパーに近い方がお母さんも生活が楽ですよね」

 

「2人暮らしで病気になると大変でしょうから、お風呂も追い炊き機能が付いていた方がいいですよ」

 

「ガスも都市ガスの方が安いので都市ガスの物件出しますね」etc. 

 

 

と私が気づきもしなかった高条件で次々と物件を洗い出してくれて、さらに家主に交渉して家賃をだいぶ安くしてくれました。

 

 

シングルマザー賃貸

 

 

そのおぎやはぎ似の男性営業のお蔭で、今は駅から1分のマンションの最上階で暮らせております。

 

 

以上の経験から学んだ賃貸探しのコツは

 

 

● 最初にシングルマザーであり、子供と住むことを「ハッキリ」と伝える(われわれ、とっても忙しいので時間と労力を節約しましょう)

 

● 可能であれば物件探しの際に子供も連れて行く(たまに、子供の性格をみて合いそうな物件を紹介してくれる人がいる)

 

● 自分の必要な条件に優先順位を付けてから物件を探す

 

● できるだけ、賃貸契約完了後も相談に乗ってくれそうな営業に当たる(選ぶ)

 

● 物件を探しててくれている最中に感謝の言葉を述べると、さらに頑張って探してくれたり、交渉してくれたりする

 

 

とにかく、諦めずに探していれば必ずいい物件に出会いますので最後まで頑張りましょう!!^^

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加