FX機能の一覧

シングルマザーの保険選びなら

もしもの時の為に!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

シングルマザー保険

 

 

シングルマザーに常にある思い。それは(自分になにかあったら、この子はどうなってしまうんだろう。。)という思い。

 

 

病気が発覚してしまったら?

 

事故に合ってしまったら?

 

災害で何かあったら?

 

 

震災もしかり、自分ではコントロールできないことは起こるものです。それを身を持って経験してきているママだからこそ、将来に対する不安も大きいですよね。

 

 

後ろ盾はありませんし、子供の将来の事を考えると「これから」の身の回りの事、教育の事、そして生活の事がすごく気になります。

 

 

そんな不安を少しでも減らしてくれるのが保険ですし、実際、このセーフティーネットのあるなしで子供の人生が変わる可能性は大きいのです!

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

シングルマザーの保険の選び方

 

シングルマザー保険

 

 

シングルマザーの状況を考えた時、大事になるのが保障内容の優先順位。

 

 

シングルマザーは家計を支える大黒柱です。自分に何かあった時、子供たちが路頭に迷うことのないよう、まずは生きていく上での「最低限の準備」が必要になります。

 

 

具体的には以下の3項目は最低限用意してあげたいもの。

 

 

 「死亡保険」

 

万が一、自分が死んでしまった時、子供の人生の諸費用をカバーするための保険

 

 

 

 「医療保険」

 

自分が病気になった時にしっかりと治療し、生活に復帰できるようにするための保険。また、医療費で生活費が圧迫されない様にするための保険

 

 

 

 「学資保険」

 

子供がちゃんと教育を受けていけるようにするための保険

 

 

スポンサードリンク

 

死亡保険・医療保険・学資保険について

 

シングルマザー保険

 

 

では、最低限用意しておきたい保険について細かく見ていきましょう。

 

 

 「死亡保険」

 

万が一自分が死んでしまったら、基本的に子供が18歳になるまで遺族年金が給付されます。(但し、国民年金未払い等の理由により給付されない場合もあるので、不安な方はお住まいの役所に聞いてみましょう)

 

ありがたい遺族年金ではありますが、これだけでは正直十分ではありません。なので、この遺族年金では足りない分を確保するための保険が死亡保険なのです。

 

安くて最低限を確保するなら「定期保険」、しっかり払いしっかりした保証を望むなら
「終身保険」が良いでしょう。

 

 

 

 「医療保険」

 

ママが入院した時の治療費だけでなく、休業している間の生活費としての役割もあります。保証内容は予算によりますが、可能であれば入院日額が1万円/日の保険を選ぶと無難。

 

また、女性特有の疾患をカバーする保証がついているものに関しては絶対に入っておいた方がいいと思います!

 

健康が売りだった私でも、全く問題のなかった会社検診の半年後に、急に婦人科系の病気が発覚し、長期治療が必要になってしまいました。入っておかないと将来皆が困る事になります!

 

 

 

 「学資保険」

 

学資保険選びのコツは、月々無理のない範囲で払える保険学のものを選ぶこと。途中解約すると損をするので、長期的に払い続けられることができる額の保険を選びましょう。

 

 

なかなか避けたい想像ですが、(自分がいなくなったら、子供はどうなるか)という事を冷静に考えてみる時間を作り、その「もしも」に備えて保険は早めに準備するようにしましょう。

 

 

ちなみに個人的に一番おすすめできるのは保険マンモス。多くの保険屋さんと毎日の様に面談しましたが、ここが一番本音で話してくれ、誠意があると感じました。

 

 

無料相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーの方も素人の質問に懇切丁寧に答えてくれますし、押し売りを一切しないので(勧誘されるんじゃ。。)みたいなプレッシャーがありません。

 

 

限られた予算で最大限の保険をかけれるので私は安心して使っています。

 

 

>>驚異の満足度96%!保険マンモ

 

保険マンモス

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加