FX機能の一覧

母子家庭の手続きについて知りたいなら

母子手当って何があるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

シングルマザー母子手当て

 

 

母子家庭には様々な補助があります。

 

まずはご自身が該当するかどうかをチェックしてみて下さい。そして該当するのであればすぐに手続きを開始した方が良いでしょう。

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

母子手当って何があるの?

 

児童扶養手当

 

離婚、士別、未婚母子家庭が受ける事の出来る、国から出る補助です。

 

概算は以下の通り:

 

● 児童一人当たり 全額支給 : 約40,000円
● 一部支給 : 約9,800円~40,000円
● 児童2人目 : +5,000円
● 児童3人目 : +3,000円
● 児童4人目以降 : +3,000円

 

※児童 : 18歳に達する日以降、最初の3月31日までの子

 

■対象者:保護者として児童の面倒を見ている母または、母に代わり子を養育している者。

 

■備考:母の所得額によって金額が変わり、また所得が制限額を超えた場合は手当の支給がなくなるようです。

 

>>児童扶養手当の詳細はこちら

 

 

 

特別児童扶養手当

 

身体や精神に障害のある20歳未満の児童の福祉手当。

 

1級 : 約50,000円/月
2級 : 約34,000円/月

 

■受給者:身体障害者手帳の1級~4級の一部、療育手帳AまたはB1に該当する20歳未満の子を養育している親。

 

■備考:所得制限あり

 

>>特別児童扶養手当の詳細はこちら

 

 

 

児童手当

 

児童を養育する為に支給される補助。

 

児童手当の金額はちょこちょこ変わるので、厚生労働省のサイトで随時チェックしてみて下さい。

 

>>児童手当の詳細はこちら

 

 

 

母子年金

 

(遺族基礎年金)

 

死亡した者により生計を支えられていた妻や子(18歳未満)に対して支給されます。保険料の納付済み期間が加入の2/3以上である事が条件です。

 

>>遺族基礎年金の詳細はこちら

 

 

(遺族厚生年金)

 

上記の年金の支給対象者となる遺族やが対象。保険料納付期間が国民年金加入期間の2/3以上である事が条件。※支給額は給料などで個人差があり

 

>>遺族厚生年金の詳細はこちら

 

 

 

住宅手当

 

各自治体での条件があるので、お住まいの市町村の自治体に詳細を要確認です。

 

 

 

生活保護

 

最低限の生活を保障し、自力で生活できるようにサポートする補助金。生活、住宅、教育、医療、出産、生業、葬祭の7種類あり、程度によって保護費が支給されます。

 

 

 

医療費助成制度

 

母子家庭に対し、母が払うべき医療費の一部を助成してくれます。18歳以下が助成の対象。各自治体によって条件が異なるので詳細は住まいの自治体に問い合わせてみて下さい。※生活保護受給者、児童福祉施設に入っている児童を持つ者は対象外。

 

 

 

小児医療費助成制度

 

0歳~中学卒業までの子供の医療費を助成する為の制度です。小学6年までの子の入院費、通院費、中学以上の子の入院費を助成してもらえます。

 

ただ適用条件等が自治体によって異なるので、お住まいの自治体に確認する必要があります。

 

 

 

お役所手続きとなると手間も時間もかかるので面倒と感じるかもしれませんが、こういう補助があると知った時点ですぐ手続きをした方がいいです。

 

私はこれらの補助を知ったのも子供が3歳を過ぎてからで、手続きも「忙しい」を理由に保留にしていました。

 

そのせいでとても損をしてしまったのです。皆さんは私みたいにならないよう直ぐに手続きをして下さいね。^^

 

 

↓手当てや貯金より大事!絶対損しない保険の見直しはこちら↓ シングルマザー

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加